リソースⅠ評価アンケート

満足度調査

5点満点中の平均値です。

コース 2020年9月 2020年10月 2020年11A月
受講者数(人) 30 28 30
 気づきや価値  4.8 4.6 4.7
体験  4.8 4.7 4.7
 トレーナーの関わりや在り方 4.9 4.8 4.8
 アシスタントの関わりや在り方 5.0 4.8 4.9
 セミナールームの雰囲気、清潔感 4.9 4.8 4.6
受講者のコメント コメントへ コメントへ コメントへ

2020.11A月リソースⅠコメント一覧

コメント ・知識を得るだけではなく、体験をして本当の自分をみつめることができた。一人ではできなったこともグループや受講生と話すことによって自分の価値を感じることができた。自分を信じ自分を認め共に勝つことを気づくことができた。
・自分の性格をしることができ、どうあるべきかが見えてきた。自分がどのように生きてきたかを知り、逃げてきた部分を向き合うことで自分の成長のびしろを伸ばすことができた。
・実習を日常に重ね合わせた時に、自分は“こうする”と決めているが、受け取り手にとったらそれとは違うことが伝わるかもしれないと気がついた事です。
・自分の中の感情、本当の気持ちに気づきました。本当は自分がどう在りたいのか、どうしていきたいのかという事から向き合うことをせずに、環境や人のせいにして、自分の意見、想いも伝えずに周りの大切な人達に愛を伝える与えることが出来ていませんでした。
・自分が本当に欲しかったものが分かった。目標が明確になり行動に移ることができた。
・いきなり気づきを得られたのではなく、日々少しずつハッと気づくことがありました。今まで自分で自分の心や行動を支配していて、ただ生きるだけでも、もの凄く苦しさを感じていました。本当は単純な自分でいたい、笑顔でいたい、心から今が楽しい、明日が楽しみと思いたい。そんな自分の望みに出会いました。そんな自分を叶える冒険がこれから始まると思うとワクワクします。
・自分がどんな人間か知り、自信が持てた。今までの人生を振り返り、自分がどんな人生を歩んできたか?これからはどんな人生を歩むかがわかった。自分の中で悩んでいた原因が分かり、モヤモヤしてた気持ちが晴れた。今までとこれからの人間関係を見直そうと思った。
・今まで避けてきた事に向きあう事で、別の可能性が開けてくる。フレンドリーに接しているつもりが、何考えてるかわからない態度に見えていた事に気づけた。
・自分は自分を思ってたけど常に人の評価を気にしてた。笑うという意味(本当の)分かってなかった。本気でがんばるとは?→精一杯やる。今の自分の精一杯。
・決めてきてない人生だったということ。協力をしようと思っていても実際に気づけば共創から競争に無意識に変わっていたこと。自分は知らないうちに無意識的にしてしまっていることがたくさんあること。HappyFamilyを築くためには、自分を肯定し、芯を創り、自分が源になるということ。
・自分が今、何をすべきがより明確になり、またすぐにでも行動を起こし、試したくなりました。また、自分本位ばかりで物事を考えるのではなく、パートナーシップの関係をより強く作り上げる事の大切さ。
・固定観念という考え方。妻に対して今までどれだけキズ付けて来たか。実習での場面が、今までの仕事のやり方そのものだった。別の考え方、変な考え方を受け入れない自分がいた。親との関係、育ての母親に対する気持ちにフタをしすぎていたのかもしれない。
・自分の理解と人の理解の甘さを解決する。自分が行いたいことを発信していない。固定観念を除かぬまま判断していた。本当の自分を発信しないと周りからのリターンも少なくなる。
・自分が抱えている問題は、すべて自分の内面から発生していると気づきました。まとまりきらなかった事がインタビュアーさんのおかげで色々とまとまりました。固定概念を取る事が大切と気づいたことが大きい価値でした。
・今まで悩んできたこと、苦しんできたこと、疑問に思ってたことが、自分の考え方のクセだったことに気づいた。何ごとも勝ち負けで判断していたことに気づけたことが何よりも価値だった。
・自分のタンクを満タンにしておく事が、周りを豊かにする事の始まり、源になるんだという事に気づいた。カッコ悪くても正直に素直にふるまったり、発言しているとちゃんと想いや気持ちや力が伝わっている事に気づかされた。皆からのフィードバックで、そう思った。
・今まで自分が良かれと思ってやっていた事の裏には、常に損得や見返りを求めていた事に気づいた。自分が何をしたいか、自分が源という考えで柔軟に対応できる人生だと気づいた。
・自分の強み、それを認めず隠そうとしてしまうところ。今の自分ができてきた原点(母親からの評価)。時間に余裕を持った行動ができないことで、自信がもれ出ていたこと。人間関係を「協力」にできていない部分があったこと。人類全体への愛を感じたこと。
・自分自身の考え方の特長が明確になった。今後何をしていくかの具体的行動を決めれた。
・自分では分かっていたけどやっていたこと!できていなかったことが気づけた。自分を見ることができた。違うと気づける自分がいたし、見かたも変えることができた。世界がすごくキラキラして見えて、相手に求めずに、自分が変われば相手や周りが変わるのだと知れた!!成長したい気持ちや、やる気がわいてきた!行動しないと何も変わらないけど、その一歩が踏み出せなかったけれど、その一歩の手助けをしてくれる所だと思いました。
・自分の考え方や人に対するあきらめ、親を人としてみていなかったと思います。自分から動く、すぐやる、なんでもやる。自分で決めて行動する。過去のふたをしていた記憶や感情と向きあえた。
・リソースⅠを受講する前は、全てがまわりが源だったことに気づきました。今日、1日仕事に行き過ごしてみて、以前さらにまわりが源と自分だったことを実感すると共に、明らかに今日の自分は自分が源に変わっていました。心がチリチリとする場面を味わう時、まわりが源に変わった時だ!と実感しました。今日の自分は以前の自分と180°変化していてびっくり!!!!心がぶれずに1日過ごせたのは初めてでした。
・何かを得ようと前向きな人たちの純粋な気持ち、思いを感じとることが出来た。様々な人たちの優しさの違った表現を感じる事が出来た。
・今まで自分が良いと思っていた事は、そうではなかった。源の意味がわかった。今までひとのせいにしてきた事は全て自分で選択してきた事だった。
・今までの人生の再確認。案外、頭に残っていない感じ。
・最後のインタビューで今までの講義の中で全然向きあってなかったなと感じました。インタビューにより、より明確なビジョンや自分の在り方がわかりスッキリしました。自分は感情を表に出しておらずからにこもっている自分に気づき、人に対しても尊重することを全然していない自分に気づきました。
・今の自分の現状が自分がしたい事とはなれていた。今自分ができてなかった事(ハードルが高いと思い込んでいた事)が大したことではなかったと気づいた。Beの意味。
・心の安定は、継続しようと思わなければ行動しなければだんだんゆらいでくる。仲間がいることで自分の深まりが加速する。やはり私は私で幸せであった。ビジョンを明確にするには、もう少し努力が要るようだ。
・それは解決されていた。それは囚われだった。きっと大丈夫だった。こんな気づきの連続でした。

2020.10月リソースⅠコメント一覧

コメント

・受講しなかったら気づけなかった自分がいました。自分に正直にならずに、それを押し殺して違う気持ちが出てしまっていた自分に気づけました。これからの人生で全てで正直になることは難しくて、正直になれなかった自分に「OK」を出して、そこから得られるものもあるんだと思いました。それに気づけたのは立ち止まって自分を見つめ直したから気づけたので立ち止まることは「価値」があるんだと感じました。
・私が嫌だった、子供の頃の体験を同じように家族に味合わせていたこと。
・目標をたてて努力をしてきたが、いつも不安があった。モヤモヤの雲が晴れた。自分がもっている「純粋さ」にフタをしていた。そこにあふれる感情があった。自分との約束をいいかげんにし、他己承認をほしがる自分がいたことへの気づき。これからどう在りたいかみつかった。
・自分にはまだまだ伸びしろがあり、どんどん成長していける存在なんだなと気づきました。他の人のうわべだけ見てたらうすい付き合いしかできないんだなと思いました。
・瞳の中、その人が広がっていること。瞳と瞳を合わせる行為でたくさんの感覚があること。その感覚を感じていた共におだやかさと本来の相手が居ること。自分の中にある固定観念を手放してゆくことをし続ける大切さ。
・今の状況は自分が作り出しているということ。正直に自分が話すことによって、相手に気持ちが伝わる。自分は「こうしたいんだ!向上心があるんだ!」ということに気づかせてもらった。
・今までの自分を抱きしめたい。これからの自分に期待できる経験。
・無意識の恐さに気づけたこと。俯瞰する目を成長させられたこと。プラスで与えている影響の度合い。人が出す完成された波動?雰囲気?みたいなものを味わえたこと。よく頑張ってきた自分が見れたこと。人は変われる、いつだって、何度だってが味わえたこと。
・自分に正直に生きる事が悪い事ではない。相手(周り)の人に感謝を伝える事。
・自分は、沢山の人の間で生きています。他の人とのかかわり方、自分のふるまいや態度などどうだったのか、今後どうしたらいいのかを考えさせられました。又、その事を通じて仕事関係で関わる人、家族、友人、知人との接し方など、沢山の事を気づかされました。
・自分に正直に選択するとワクワクすることが出来る。どんな人とも愛でつながっていると気づきました。とても温かくて愛しいものでした。
・多すぎて書ききれないかもしれませんが、守りの本質、固定観念、自己承認なし、消去法の生き方、枠の中での冒険のなさ、他者の評価や目線への恐れ等、本気でなかった自分に気づき4、そこに正直な気持ちが無かった事。何が正直なのかもわからなかった事に気づけた事。一歩引いていた事。臆病だった事。傲慢だった事。すべて立ち止まって自答して気づけた事など、すべてが受講したからこそ気づけました。
・日々の課題、人生の課題が明確になり、この4日間は非常に多くの気づきや価値がありました。リソースⅡに向けてがんばって行きます。
・家族や周りの人と優しく接するためには、まず自分自身を認めて大切にしなければならないと気づいた。他者に源を置くのではなく自己に源を置かなければ軸がブレてしまうため、ブレない軸を持つ事が重要と感じ、自分の軸は何か改めて考える機会となった(まだ軸が定まっていない)
・自分について今まで自信がないとは考えていなかったので、そこに気づけたこと。また、子どもの頃に気持ちにフタをした父に会いたいという気持ちに気がつけたこと。
・自分が今まで避けてきたことが明確になった。自信がなかった理由が何か引っかかった感覚、分かるような感覚があった。自分を最大限に出していこうという前向きな気持ちがもてた。
・信頼の大切さ。決める、ビジョン、共有、共創、WinWin
・今まで自分の中で受け入れたくなった過去、認めたくなかった過去をいうのを受け入れた。そして変わると決めた!!具体的に自分の「Be」を見つけ、自分の軸も見つけ発信する!!
・今まで心にあったモヤモヤした悩みや不安について明確に気づけた。自己承認の少なさへの気づきとどうすれば増やせるか学べた。
・人生を見つめる大切さ。意図の大切さ。
・無意識にやっていたことを意識して選択出来るようになったこと。自分は今までがんばってつっぱしってきたこと。今までの人生、損得で考え、他人の評価や周りの目を気にして生きていたこと。固定観念にしばられ、自分の考えを押しつけ、他人の意見を聞こうとしていなかったこと。自分は黒を出して生きていたと思っていたら、それはうわべだったこと。Be-Do-Haveの人生になりたがっているが、それ以外の2つをいったりきたりしていること。Beの部分が定まっていないこと。
・4日間の楽しかったと思うことと、素直に自分の気持ちや思いを伝えられた何日間でした。こんなに自然体でいられる時間があったということと自分の自然体がこんな笑顔で笑えることができるんだ、話ができるんだと知ることができたことが得た価値だと思います。
・ナゼ相手に冷たい言動をしてしまうのか、もっと深い所と向き合えて気づけた。無意識に自分を犠牲にしている事もあると気づいた。今までの人生はどんな場合にもクセとして現れる→だからこそ、ここから変えられることを得られた。
・リソースⅠの取組みを通して振り返り、最後のインタビューにて、本当の自分の気持ちを語る事が出来ました。素直・正直な自分でいたいです。ありがとうございました。
・自分自身と向き合うことから、ずっと逃げてきました。レクチャーを受けながら、自分の固定観念がどんどん明らかになり、これまでの生き方に素直に向き合うことができました。その上での3日目のレクチャーでこれからの自分との向き合い方、周りの人との向き合い方について気づきました。インタビューの中で否定的に捉えていたこれまでの着方を肯定することが出来ました。これまでの人生の価値に気づかせてくれ、これからの生き方、在り方を気づかせてくれる。感謝しかありません。
・“自分が考えすぎ”“口先でうまくまとめることができるが口だけ人間”と突きつけられた。人の顔色を見て、承認されて満足、成果にこだわるより、居心地の良い場所に収まっていた。でも「これをやりたい」と思った時の行動力はあり、道を切り拓く力を持っている。シンプルに「やりたいことをやると楽しい、相手が笑う顔を見たいからガンバル」だけでOK!感情と行動が変わる気がする。

2020.9月リソースⅠコメント一覧

コメント ・受講していなければ自分自身を立ち止まり、振り返る事がなかったと感じ、1人で振り返っても自分だけの考えでしか振り返れなかったと感じている中、サポートして自分に気づけた事に価値を感じています。
・表面的に悩みだと思っていたことが本当の悩みではなくて、潜在的にある悩みや引っ掛かりを見つけることができました。それを見つけることができて受容できて全てをスッキリすることができました。
・自分の気持ちのモチベーション・軸・立ち止まる(人生の振り返り)。自分を認め、ほめる。
・選択を選び直していけばどこからでも人生を変えていけること。自分の人生を生きるということの意味がわかったこと。安心できる環境だと人と時間をかけずにつながれること。人の中に自分を見つけること。人の挑戦やがんばりにとても感動すること。
・30年間自分は頑張った!という気づき。悲しみも、もどかしさをすりかえていた。私強かった、強いという価値。
・自分と心から向き合えたことによって、今までの人生やこれからどんな人生を歩んでいきたいかに気づいた。なんでもわかちあえる仲間と出会えた。4日間を通して、自分の宝物がたくさん増えました。
・自分に自信がないということに気づきました。人の目を気にしすぎてしまう。
・今まで固定観念に縛られて窮屈に生きてきた事に気づけた事が価値だと思う。今まで自身の固定観念を理解できなく、また理解しようとも思っていなかった。レクチャーや体験を通じて、自分を縛っているものが理解できた。特に「競争」「共創」のパート。「勝つ=白黒つける」という無意識。
・わかちあえてない事。心を開くのが下手な自分。守りで固めてきた事。
・本当は自分がありのままでいたいと願っている事に気づきました。一歩踏み出す事で周りが変わるかもしれないという可能性。日常を変えたいと思う気持ち。
・今までの人生が自ら選択して生きてきたこと。実習での自分が勝ち負けにこだわり周りが見えていなかったこと。仲間がいるということが自分にとって支えになったこと。そして頼ってもいいんだと気づかせてくれた最高の信頼できる仲間に出会えたこと。自分を立ち止まって見てみるという「今」を見ること。
・自分の思考パターンが分かったこと。今までとれなかったギリギリの癖が、自分の思考パターンからきていたことを知れたこと。何でもわかちあえる仲間がいること。自分を信じられることが強く大きくなったこと。
・確実に今までにない体験を得られた。途中から何を言いたいのか自然と言葉が出てくる様になった。毎日の様に涙を流し、そのたびに気づきを得て、強く育っていく自分を感じ、それと合わせ信頼する仲間が強く育っていくのに心から涙する自分がいた。
・本当の意味での自分がしたい事、やりたい事が明確になれた。そして在り方を考え、それが心に響き、腹に落ちた事。そして仲間やアシスタントの方にやさしさや本気になっている姿を見て、自分の心が少しずつ開いていっている気持ちになれた事。
・自分が「~しなくてはならない」の固定観念にしばられていた。母を受け入れることが出来た。相手にも自分にも、~べき、~はずだ、~だろうという色メガネで見えていたことに気がついた。ビジョンを持ちたいと思った。トレーナー、アシスタント、スタッフの皆さんに感謝です♡そして、インタビュアーが私の人生を肯定してくれた。ありがとうと思えるあたたかい思いを得ました。
・今まで、周りからの目、評価を気にして生きていた事が自分で自分を認めていなかった事から着ていたこと、まっず自分で自分を認めてあげることころから全て始まるということ。自分の心理、思っている事はたとえ口に出さなくても、表情、特に目元だけでも相手に伝わっているんだということ。
・本音のわかちあい。大切にしたい人を大切にする。固定観念にしばられ、選択者として自分の人生を決めている。「俺って何だろう」と自分に止まって観る(感情に)。自分が受けた体験を周りに伝え大きくさせれる可能性。
・「~すべき」「~しなければならない」というしばりの中で、自分に正直になれていなかったことに気づいた。自分に問いかけてみて、自分自身で認める人生にしていく。
・自分の人生、生き方について苦しんでいたことの正体に気づくことができたこと。スタッフの皆さんや、参加者の方々の人生に対して100%全力で向き合う姿に非常に感化されました。できる!!!と自分をこぶして、リソースⅡでよりよい気づきをつかむために日々の生活を大切にします。
・今までの人生でいかに人と比較して生きてきたか。何かを達成できないとあきらめたり、先延ばしにして言い訳をしてきたか。こういう傾向が強い事に気づき「黒」を渡して共創していく。一人よがりにならず、仲間や相手を思いやる視点をより強くして生きていきたい。
・今まで自分が逃げていた。いつわりの人生に気づき、正直に生きれば自分の価値が高まると思いました。
・家族との固定観念や気づき、向き合うをしっかり行動して変えていこうと決めました。
・勝ち=人を負かせることではないこと。共に勝つことができること。自分で決めたことを守ることで自ら承認できること。わかちあう大切さを得ました。
・リソースⅠを体験して非常に多くの気づきを得られました。特に、今まで自分は競ってばかりの人生だったということと、相手と協力して最大限のプラスを生み出すということに気づけたことは、自分にとってとても大きなことだと思います。この気づきを得たからこそ、今後の人生はより明るく、価値あるものになると信じることができました。
・3日間という仲間との関わりの中で言いたい事を言い合って、泣いて笑って共有したかけがえのない出会いがあったこと。そしてここまで育ててくれた両親に感謝。大勢の前で発表していくという場でもっとより自分らしく表現したくなったし、自発的に能動的に行動する勇気が湧いてきた。
・意欲にあふれた人たちを見て素敵だと思い、自分もそうなりたいと思いました。自分はこんなにもたくさんの人たちに支えられて生きてきたのだと思いました。
・自分の物の見方が偏っていて、まわりのできごとにマイナスをつけ続けてきた人生だった。心を解放することがこんなに軽く、楽だったのかと思った。
・向き合ってこなかった過去の自分に気づき、その自分をどうしたいか、どんな風になりたいかまで、具体的にイメージ出来るまでになれました。1人では、とうてい出来なかった(取り組めなかった)と思う。ありがとうございました!
・私はいつも誰かと勝負し、勝って褒められて安心したいのだと気づきました。自己承認をしないので、他者承認を得るためにいつも頑張っていました。自分の弱い所を隠し、人との壁を知らぬ間に創っている事に気づきました。自分を良く見せよう、認めてもらおうとして、どこかで無理をしていました。このようになかなか自分と向き合う機会がなかったので、自分を知ることができ、自分がどう思い、どうなりたいのかが分かり、とても価値のある時間でした。